犬の糖尿病にお勧めなフードの1位は?※食事の注意点なども

 

愛犬の糖尿病には食事管理が必須となりますが、このページでは糖尿病の愛犬の食事に適したドッグフードを紹介します。

 

まず、原因や治療法、症状について解説します。

 

※目次を開くと読みたい項目に飛べます

犬が糖尿病になる原因やその治療

犬が糖尿病になる原因・治療法

 

体内の細胞が糖を吸収できず、オシッコと排出してしまう犬糖尿病は、インスリンというホルモンの分泌量が低下して起こる病気ですが、人間だけでなく犬にも比較的多い生活習慣病のひとつです。

 

糖尿病の原因をザックリ分類すると2つの要因があります。

 

まず、1つ目は遺伝的糖尿病といわれ、先天的なDNAの影響によるものです。
2つ目は運動量の不足や食字などの生活習慣、さらに高齢化などによる、後天的な糖尿病になります。

 

原因として最も多いといわれているのが、2つ目の後天的な糖尿病です。
犬が糖尿病を発症した時の治療法として大切なのが、まず食事療法で、糖質の制限、タンパク質の補給、血糖値のコントロールが必須になります。

 

食事療法だけでは改善しない場合インスリン注射が必要で、インスリン投与により血糖値が上昇しないようにコントロールしていきます。

 

何もしないで放っておくと、白内障になり、進行すると失明などの重篤な症状を引き起こすため、早期の治療を心がけましょう。

 

次に、糖尿病にかかった犬には、どのような症状が見られるようになるのか解説していきます。

 

 

糖尿病になった愛犬が見せる症状とは?

犬の糖尿病の症状

 

一般的に犬の糖尿病には、下記にあげるの初期症状で発見されることが多いようです。
獣医師に診断してもらう時の目安としてご参考になれば幸いです。

 

1.水をたくさん飲むようなる

血糖値が上昇するため、喉の渇き水を飲む量が増えます。

 

2.オシッコの回数・量が増える

水分の摂取量が増えるため、当然オシッコの量も増えます。
※1と2の症状を合わせて、多飲多尿と呼ばれる症状です。

 

3.活動の低下、呼吸が荒くなる

細胞が糖を吸収できないため、エネルギー不足となり体内のタンパク質を多く利用しようとします。このためタンパク質が不足して筋肉低下を引き起こし、軽い運動でも呼吸が荒くなりがちです。
活動量が減った、元気が無くなったなと感じたら、愛犬の呼吸のもじっくり観察してあげる必要があります。

 

4.脱毛

毛が抜けて薄くなたり、皮膚炎など皮膚疾患の症状が出ることがあります。

 

5.食欲旺盛なのに痩せてくる

食欲が旺盛になり、よく食べるようになることもあります。
血液中のグルコース値は高いのに、体内の細胞に必要な糖が行き渡らないため、よく食べているはずなのに体重が減って痩せるという現象が起こります。

 

犬の糖尿病も人と同じで、一回発症すると自然治癒するといったことは無いんです。
主な治療法としては、食事制限による血糖値のコントロールといったところです。

 

糖尿病の予防としては正しい食事、適度な運動の確保で肥満にさせないことが大切ですが、先天的糖尿病と言われる遺伝的な原因により発症することもあります。

 

合併症のリスクが高く身近な病気でもあるので、どんなワンちゃんでも食事による予防や食事療法へ取り組みを、心しておきたいものですね。

 

次に、犬の糖尿病にはどのような食事を与えてあげれば良いのでしょうか?食事のポイントについて解説していきます。

 

 

犬の糖尿病で大切な食事のポイント

犬の糖尿病で大切な食事のポイント

 

1.獣医さんの指示を守る

当前のことになりますが、獣医さんの指導の下に食事療法を開始します。
はじめのうちは獣医師に指示された量では物足りず、もっと欲しいとおねだりされるかもしれません。。
しかし、飼い主さん独自の判断で食事の量を増やしたり減らしたりすることは絶対にしないようにしましょう。

 

2.毎日決まった時間に同じものを与える

インスリン投与も食事も規則正しく、同じ時間に与えるようにします。
規則正しく行うことで血糖値のコントロール効果が高まり、体調をケアします。

 

3.低糖質と炭水化物

糖尿病を発症している犬は高血糖になりやすいので、食事に含まれる糖質については特に配慮が必要です。
糖質や炭水化物は、ドッグフードによっては多く配合されている場合があるので、低配合の糖尿病に適した療法食を選びましょう。
手作りでの食事の場合、芋や玄米などを上手に取り入れ糖の吸収をコントロールしてあげられるようなレシピが必要です。

 

新鮮な低脂肪食材

糖尿病を発症した犬は、様々な別の病気を併発する危険性があります。
糖尿病のワンちゃんは高血糖だけでなく、心臓や血管に負担がかかりやすい高脂血症(脂質代謝異常症)のリスクも高まるため、市販の高脂肪なドッグフードは避けなければなりません。

 

また、脂肪は酸化しやすいため、手作り食であっても市販のドッグフードでも、酸化しないうちに食べきることが大切です。※市販のドッグフードは高熱加工処理されており、酸化した脂肪が含まれていますので、愛犬が糖尿病の場合は与えないようにしましょう。

 

 

 

糖尿病の愛犬への毎日の食事管理について

 

犬の糖尿病は、高血糖・高脂血トラブルから他の病気を併発しやすく、合併症を伴う可能性の高い疾患です。

 

このため、今現状は合併症がなくても、将来的な健康リスクをちょっとでも軽減させるために、今すぐにでも食事内容の見直しをしなければいけないんです。
糖尿病の愛犬に対するドッグフード選びは、原材料や栄養素について細かく表示されているものを選ぶ必要があります。
また、ワンちゃんの糖尿病対策として、獣医さんが食事療法のための糖尿病用の療法食ドッグフードを薦めてくれることもあります。

 

全てを手作りで対応するのは、糖尿病用の栄養知識や材料選び、調理による食材の栄養素の変性など、現実的にはかなり困難を極めます。
そんな時のために、犬の糖尿病の臨床栄養を備えたドッグフードを活用してみるのもよい取り組みだといえます。
愛犬の糖尿病の治療は、ワンちゃんだけでは出来ないため飼い主さんの協力があってこそできることです。

 

ただ、突然食事内容が変わりと戸惑うワンちゃんもたくさんいます。最初は少量づつ混ぜるなどして少しずつ慣らしていき、改善をめざして頑張りましょう。

 

 

犬の糖尿病に最適なドッグフード「犬心」

犬の糖尿病に最適なドッグフード

 

糖尿病を抱える愛犬に、最も適しているドッグフードについておすすめなものがあります。それが、「犬心・糖&脂コントロール」という、糖尿病用の特別療法食ドッグフードです。

 

犬の糖尿病は、高血糖・高脂血を伴うため、甲状腺機能低下症やクッシング症候群、膵炎や高脂血症など、合併症を併発する危険が極めて高い病気です。

 

なんと犬心・糖&脂コントロールは糖尿病だけでなく、

 

・クッシング病(副腎皮質亢進症)
・甲状腺機能低下症
・高脂血症(脂質代謝異常症)
・膵炎
・担泥症・胆嚢・胆嚢粘液嚢腫
・肥満(メタボ)

 

 

といった、お互いに併発リスクのたかい疾患全てを「犬心」だけで予防・ケア出来、肥満犬のダイエットにも効果的だと言うのですから、病気に苦しむワンちゃんにとっては嬉しい療法食ドッグフードです。

 

上記に挙げた症状のワンちゃんに対し、個々の臨床栄養を全てクリアしている完全無添加のナチュラルドッグフードは、「犬心・糖&脂コントロール」だけです。しかも、原材料から流通まで国内で行っている純国産で、その安全性の高さもクチコミで評判になっています。

 

 

犬心・糖&脂コントロールの効果を示す5つの特徴

犬心・糖&脂コントロール・ドッグフード

 

 

1、ダブルパワーでの血糖値コントロール
※糖質の制限&徹底研究した食物繊維バランスのW効果!

 

2、オメガ3/6による良質な低脂肪
※脂質5%といった低脂肪を、良質な肉魚・アマニ油から抽出したオメガ3/6脂肪酸で実現し、脂肪の酸化も徹底して防いでいます!

 

3、タンパク質などの栄養バランス
※糖尿病では不足しやすいタンパク質。犬心は高消化性タンパク質を低カロリーで実現させ、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの必須栄養素もバランスよくしっかりと配合!

 

4、腸の健康&免疫力キープの力
※独自の善玉菌アップ技術で腸を健康にして、免疫力維持のサポート力も論理的。

 

5、購入者のリピート率は驚異の95%
※獣医師からすすめられた療法食ドッグフードが合わなかったワンちゃんも、犬心なら食べたといった声が多いそうです。

 

 

犬心・糖&脂コントロールをもっと詳細に知りたい方は、「犬心ドッグフードの評判!専門家が絶賛する効果の根拠」のページをご覧ください。

 

 

今なら無料サンプルでお試し可能です

↓ ↓ ↓

犬心 糖&脂コントロール

トップへ戻る